ベージュのごはん

ベージュのごはん

よくお袋の味、という言葉は聞きますが、おばあちゃんの味とはそう聞きませんよね。

おばあちゃんの味というかおばあちゃんのご飯は、全体的にベージュのものが多いので、ベージュごはんと言うのだそうです。

確かに、おばあちゃんのご飯と言えば煮物系か多いですよね。

おばあちゃんの料理でハンバーグやパスタなどは食べたことがないような気がします。

そもそも、私はおばあちゃんと一緒に住んでいたときは、母が中心となって料理をしていたので、あまりおばあちゃんの料理を食べたことがありません。

私の中でおばあちゃんのご飯と言えば、休みの日の朝に作ってくれた芋かゆくらいしか思い出すことができません。

なぜか休みの日の朝だけは、おばあちゃんが芋かゆを作っていたのです。

芋かゆは、その名前の通り、さつま芋をおかゆの中に入れたものです。

今思えば、結構簡単に出来る料理なのですが、子供の頃がはこれが大好きで休みの日の朝が楽しみでした。

おばあちゃんご飯で、登場する回数が多いベージュの食材は、大豆、油揚げ、干し大根、雑穀、里芋なのだそうです。

なんだか分かるような気がします。

私のおばあちゃんは、芋かゆ以外ほとんど料理をしなかったのですが、たまに母がいないときなどはご飯を作ってくれました。

そのときは、やはり煮物が中心でした。

よく切干大根を作ってくれたのを覚えています。

おばあちゃんの切干大根には、赤貝が入っていました。

私は、子供にしては渋い好みですが、赤貝が大好きで、この赤貝が入った切干大根は大好きな料理の一つでした。

里芋や油揚げ、大豆は母のご飯というイメージがあります。

母の料理にこの3つの食材が使われる頻度は結構高いです。

特に油揚げは何にでも使えると言ってよく使っています。

まあ、母もおばあちゃんと呼ばれる年齢なので、母のご飯はおばあちゃんのご飯と同じなのかもしれません。

ベージュごはんには、今の若い人たちに不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているのだそうです。

これはいいことですよね。

私もだんだん食の好みが変わってきたのかベージュのごはんを好むようになってきました。

また、ベージュのごはんには、日本特有の料理が多くあるのではないかと思います。

私もベージュのご飯を作って良い食文化を受け継いでいきたいと思います。

フォレスターアウディa4

ガチャガチャの魅力

最近、異常な数のガチャガチャが並んでいる光景をよく見ませんか?

いつの頃からかガチャガチャの数が増えましたよね。

3段×6列くらいのガチャガチャは普通によく見ます。

ガチャガチャコーナーは終わったのかと見せかけて柱の向こうにさらなるガチャガチャコーナーがあるところもあります。

異常にガチャガチャが並んでいるところを見ると、この中には1回も使用されていないガチャガチャがあるのではないかと思ったことはないですか?

みんな1つ1つ見て欲しいものを選らんでいるのでしょうか。

あまりにたくさん並んでいると途中で「もういいやこの辺で」となりそうです。

あのガチャガチャの中には、何が入っているのでしょうか。

子供がよく見ているイメージがあるのですが、最近は、大人もよく見ているようです。

私が見たときには、ワンピースのフィギアのようなものやアンパンマンの携帯ストラップ、吉本の芸人さんのキーホルダーのようなものがありました。

お値段は、1回100円~300円くらいとばらばらでしたが、それほど高価なものはありませんでした。

ワンピースが好きな人ならば、前種類集めたいと思って何度もチャレンジするのでしょうね。

私が、子供の頃、空前の筋消しブームが起こりました。

筋消し、そう筋肉マン消しゴムです。

この筋消しをガチャガチャでとって集めるのが流行ったのです。

私達世代の人ならば、「あ~集めたよ」という人が多いのではないかと思います。

筋消しの中でも人気のあるキャラクターとそうでないキャラクターがありました。

人気があったのは、テリーマンやロビンマスクと言った正統派の人気キャラクターです。

ワンピースで言えば、ゾロやサンジと言ったところでしょうか。

でも、これがなかなか出なくて、どうでもいい筋骨マンやイワオが出てがっかりしたことが何度もあります。

筋骨マンやイワオは、ワンピースで言えば、バギーやモージといったところでしょうか。

そして、知らず知らずのうちにお小遣いの大半を筋消しに使ってしまうのです。

何が出てくるのが分からないというところがガチャガチャの魅力でもあり、恐ろしいところでもあるのだと思います。

そうして苦労した集めた筋消しもブームが去るとともにまとめて捨ててしまったような気がします。

最近のガチャガチャも、はまる理由は同じかもしれませんね。

どうしてもあのシリーズのあのキャラクターが欲しいと思って何度もガチャガチャチャレンジするけどなかなか出ない、そのもどかしさがと次は出るかも!という期待感がガチャガチャの魅力なのでしょう。