お持ち帰りCD

お持ち帰りCD

お持ち帰りCDというものが発売されたのだそうです。

このお持ち帰りCDは、ライブの演奏がそのまま入ったCDをライブの後に購入することができるというCDなのだそうです。

ライブの後にお持ち帰りできるということから、お持ち帰りCDと呼ばれているのだそうです。

お持ち帰りCDは、奥田民生さんのライブで発売したところ、瞬時に売り切れてしまったのだそうです。

ライブの後にそのライブの演奏が入ったCDを販売したらそれは売れると思います。

財布にそのCDを買うお金があれば、多くの人が買い求めると思います。

だいたい、ライブに行く人ってそのアーティストのかなりのファンですよね。

もちろん付き合いで行くという人もいると思いますが、たいていの人は、そのアーティストの生の演奏が聴きたくてライブに行くものだと思います。

それに、ライブって非日常的なことなので、財布の紐もかなり緩くなっていますし、盛り上がった勢いで欲しいと思ったものは何でも買ってしまいそうです。

お持ち帰りCDはそんなファンの心理をついた上手い販売方法ですよね。

以前、ライブに行ったときに、そのライブを隠し撮りをしたDVDやCDを販売している人がいました。

もちろん違法行為ですよね。

いくらくらいで販売していたのか分かりませんが、それを購入している人ももちろんいました。

そんな行為を防止するためにもこのお持ち帰りCDは良いものではないかと思います。

もし私が好きなアーティストのライブに行ってこのお持ち帰りCDが販売されていたらかなり高い確率で購入するのではないかと思います。

ライブ版のCDもよく発売されていますが、あれってライブそのものではないですよね。

手を加えられている感が強いし、自分が行ったライブ会場でのライブ音源ではない可能性がとても高いので、あ~あのときのと思うようなこともありません。

でも、ライブの演奏がそのままで、自分が行ったライブの音源がCDになると言えばこれはファンとしては涙ものだと思います。

気になるお値段なのですが、奥田民生さんのときは、2枚組で4000円だったのだそうです。

ん~安いか高いかよく分かりませんよね。

まあ、高いと言えばそういう気もするし、こんなもんだよと言われてみればそういう気もする微妙なお値段ではないかと思います。

お持ち帰りCD、これから増えるのでしょうか。

スバルBRZレクサスIS

踏み台昇降でダイエット

自宅で簡単にできる運動でダイエットにも効果があると以前テレビで紹介されていた運動があります。

それは、踏み台昇降です。

私がその番組を見たのは、もう数年前の話ですが、先日同僚と運動の話をしていたときに、この踏み台昇降のことを思い出しました。

何か簡単にできる運動はないかという話をしていたときに、私が踏み台昇降の話をしたら、友人も同じテレビ番組を見ていて、踏み台昇降の話になりました。

紹介されていた踏み台昇降の方法は、踏み台にする台の高さは5cm~30cmと低めの高さに設定します。

そして、昇った足と同じ足で降りるという運動を繰り返します。

1回10分程度を1日4回ほど繰り返すと効果があるのだそうです。

ダイエットには、有酸素運動が良いと言われており、この踏み台昇降は、まさにその有酸素運動になるので、ダイエットに効果があるのだそうです。

しかも、踏み台昇降は、家の中で何かをしながらできる手軽な運動です。

私もこれはいい!と思いました。

実際に続けていた時期がありました。

踏み台昇降に適している台がなかったので、ちょっと固めの段ボールのようなものを台の代わりにしていました。

テレビを見ながら1回10分を1日に2回程度行いました。

10分で結構汗が出ます。

簡単にできるし、これは続けることができるかもしれないと思いました。

でも、台にしていた箱がつぶれてしまい、他に踏み台になる適当な台が見つからなかったので、そのままやめてしまいました。

同僚も適当な台がなかったので、玄関と家の段差で踏み台昇降を行っていたのだそうです。

玄関の段差はちょうど良い高さだったのだそうですが、さすがに玄関で10分も踏み台昇降をするのはつらかったらしく、ホームセンターに行ったときにちょうど良い高さの踏み台を見つけてそれを購入したのだそうです。

踏み台をかったものの、今は、したりしなかったりと毎日行ってはいないのだそうです。

私もその話を聞いて踏み台を買いに行こうかなと思いました。

でも、簡単に続けることができると言われている運動も、なかなか続かないものです。

踏み台を買ったとしても、続けることができるかどうか‥と踏み台を買う前から考えてしまいました。

そろそろ体を動かすことを考えなければいけないので、ここは奮起して踏み台昇降を再開してみようかなとも思っている今日この頃です。